アンパンマンに思いをこめて…

おかげさまで、
アンパンマンは幼児から
小学校低学年の子どもにかけて
人気があります。

 

アンパンマンの生みの親としては、
片方ではうれしい半面、
こんなに世の中に氾濫して
いいのだろうかと不安な感じもしています。

 

ボクの希望としては、
一人歩きしていくのはいいとしても、
トップにならずに、4位か5位をキープして、
永く続いていってほしいのです。

 

のぼりつめれば、

必ず、次は落ちますから。

ボク自身も子どもの頃から

絵が好きで、

小学校、中学校(旧制)と好きで

かいていましたが、

決してトップではなかった。

 

三番目か四番目にうまかった。
アンパンマンも
ボクとしては地味な感じで
いきたいのですが、

 

最近は、どうも派手っぽく
なってきて、心配しています。

 

それと、絵のほうはともかく、

主題歌の歌詞に対して若い人からも
反響があって、悲しい時に勇気づけられる、
という高校生の投書が新聞にのりました。

 

子どもに受けようとか、
子どもに迎合せずに、
自分の思いを大人の感覚で
そのまま歌詞にしています。

-もうひとつのアンパンマン物語(PHP研究所)-

コメント

※ご自身のfacebookページに、コメントは反映されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です