人間が一番うれしいことはなんだろう?
 
長い間ボクは考えてきた。
 
そして結局、人間が一番うれしいのは、
 
人間をよろこばせることだということがわかりました。
 
実に単純なことです。
 
ひとはひとをよろこばせることが一番うれしい。
 
 

美しく生まれた人は、
 
その美しさでひとをよろこばせることができます。
 
学問のあるひとは学問で、
 
絵をかけるひとは絵をかくことで、
 
歌えるひとは歌で・・・。
 
なぜおいしいお料理をつくるか。
 
お料理を食べたひとが「おいしい!」と
 
いってよろこぶのがうれしいからです。
 
 

ひとはみんな、よろこばせごっこをして生きています。
 
それが、このいかにもさびしげな人生の
 
ささやかなたのしみになります。
 
ボクらはそんなに長く生きはしません。
 
星のいのちにくらべれば、瞬間に消え去っていきます。
 
それならば、その束の間の人生は、
 
なるべく楽しく暮したほうがいい。
 
そして、その楽しさの最大のものは
 
他のひとをよろこばせることなのです。
 

-もうひとつのアンパンマン物語(PHP研究所)-

コメント