愛と勇気だけが友達さ

愛って何か。

 

アンパンマンは時々、

自分の悪口を言う相手のことを助けることがあります。

アンパンマンはヒーローだから、

それをねたんで悪口を言うのがいるんだね。

 

悪口を言っているのを

アンパンマンは知っているのか

知らないのか分からないけれど、

彼等が困っている時にはアンパンマンは助けます。

「悪口言ったぼくを助けてくれるの?」

と聞かれても

「気にしないで、誰にだって失敗はあるんだから」

と言う。

 

それはアンパンマンの愛が

大きいから言えることなんだね。

そういう大きな愛は

親子とか兄弟の中にいつもあると思いますよ。

 

それから、何かを決断するとき、

何かをやろうとする時には

必ず勇気が必要です。

スポーツでも仕事でもみんな必要。

おびえていると何もできません。

 

勇気は目に見えません。

ぼくは勇気ってなんだろう

と思った時に

勇気リンリンというくらいだから

鈴の形をしてるのかな、

リンリン鈴の音と同じだと思って、

「アンパンマン」の物語では

ユウキの鈴というキャラクターを

作ってしまいましたけれど。

アンパンマンだって

勇気の花のジュースを入れないと何もできません。

 

線路に落ちた人を助けようとすると、

助けた人は死んじゃうかもしれない。

川でおぼれている子どもを助けようとすると、

助けた人が死んじゃうということも非常に多い。

事実、先生が子どもを助けるために

川に飛び込んで子どもは助かったのに

先生が死んでしまったという話もありますね。

それでも飛び込むのです。

 

愛には、いさましさも含まれていて、

勇気には、やさしさが含まれている。

 

死んでしまったのは、

正しいことをしたからです。

もし知らん顔をしていれば先生は死ななかった。

そうやって自分が傷ついてもやる

という気持ちがなければ、

正義は行えないんです。

 

アンパンマンは、

自分の顔を子どもに食べさせるのだから、

ある面では自己犠牲です。

正義を行う場合には、

本人も傷つくということを

ある程度覚悟しないとできません。

 

普通の人でもヒーローになることはできます。誰でもなれると思いますよ。

-わたしが正義について語るなら(ポプラ社)-

コメント

 
 

※ご自身のfacebookページに、コメントは反映されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です