正義を行う人は

アンパンマンは戦っていて怖くないのですか、

と聞かれることがあります。

アンパンマンも怖い時があるんじゃないかと思います。

 

アンパンマンはヒーローの役を

やらなくちゃいけないので、

自分から怖いとは言えないんじゃないかな。

ヒーローは大変なんですよ。

それから他のキャラクターは

いろいろ食べたりするけれど、

アンパンマンは泣かないし何も食べない。

なぜかと言われてもなんとも言えないんですけどね。

それから、

ばいきんまんやドキンちゃんは、

いつも自慢ばっかりしていますが、

アンパンマンは「ぼくはすごいんだ」とか

「ぼくはエラい」とか自慢しない。

慎ましいですよ。

 

正義は勝ったと言っていばっているやつは嘘くさいんです。

正義を行う人は非常に強い人かというと、

そうでもないんですね。

我々と同じ弱い人なんです。

でも、もし今、すぐそこで人が死のうとしているのを見かけたら、

助けるためについ飛び込んでしまう。

ちっとも強くはない普通の人であっても、

その時にはやむにやまれぬという気持ちになる。

そういうものだと思います。

 

火事で子どもが焼け死にそうになっているのを見れば、

その子のお母さんは周りの人が

止めても聞かずに飛び込んでいきますね。

お母さんは必ずしも強い人ではなく、

弱いお母さんだって子どもを

助けなければいけない時にはそうなる。

変わりに自分が死んじゃうかもしれないけどやる。

 

-わたしが正義について語るなら(ポプラ社)-

コメント

 
 

※ご自身のfacebookページに、コメントは反映されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です