やなせたかし先生の言葉

やなせ先生の言葉(こころ)は、私たちが忘れている、忘れかけている大切なものを思い出させてくれます。「なんのために生まれて、なにをして生きるのか?」「なにが君の幸せ?なにをして生きるのか?」あなたは答えることができますか?やなせ先生の言葉を、自分の心でみて、心できいてみよう。

子どもは正直な鏡

子どもがどのような大人になるかは、大人社会に大きな責任があるということです。

Read More

 0

一番うれしいこと

人間が一番うれしいことはなんだろう?長い間ボクは考えてきた。

Read More

 0

生命のある限りは自分の仕事をする

ぼくの歌には「生きる」という言葉が多くなった。ぼくは決して華やかな流行作詞家ではない。

Read More

 0

正義のという言葉に込めたい思い

ぼくが正義のという言葉に込めたい思いは、この詩の中にあります。

Read More

 0

運をつかむためには

人間は全部はできないんだよね。だから好きなものを選ぶんです。

Read More

 0

正義を行う人は

アンパンマンも怖い時があるんじゃないかと思います。

Read More

 0

愛と勇気だけが友達さ

愛には、いさましさも含まれていて、勇気には、やさしさが含まれている。

Read More

 0

夢の中にも夢はある

人生の楽しみの中で最大最高のものは、やはり、人を喜ばせることでしょう。

Read More

 0

身近な人の幸せを願う

自分は自分の範囲でやるしかない。

Read More

 0

すべての人が師です

お客さんの喜びの拍手が、自分の喜びになる。

Read More

 0

なるべく楽しく_なるべく面白く

物事は後ろ向きに、考えてもしょうがない。

Read More

 0

誰もが楽しめるものを創作したい

美術館へ行って鑑賞しても、わからないんじゃつまらない。

Read More

 0

毎日、仏壇を拝むんです。「お父さん、ありがとう」って。

絵を描くこと、詩を書くこと、それは一生やっていく。

Read More

 0

やり続けることが大事

困ったといってるだけじゃ、なにも始まらない。

Read More

 0

どんな時代も希望はある

「これはもう、だめだ」と絶望しないで、一滴の水でも注ぐというか、そういう仕事を自分でやっていく。

Read More

 0

何のために生まれてきたの?

ある哲学者のおじいちゃんが 4歳の孫と一緒に新幹線に乗り、 向かい合わせで座った。

Read More

 0

チャンスは誰にでも 平等

好きなことなら、労働条件が少し悪くても、つらいことはありません。

Read More

 0

自分の好きなこと仕事にする

好きなものであればコツコツ努力する事も決してつらくありません。

Read More

 0

正義の戦争なんて、どこにもないんだ

小さな虫も、みんな生命の友だちだとすれば、この地球を汚してはいけません。

Read More

 0

年齢を超えて 理解できるんです

小さな虫も、みんな生命の友だちだとすれば、この地球を汚してはいけません。

Read More

 0

カツカレーの発明家に感動

気恥ずかしい想いをする人のために一種の気ばらしの対象としてもアンパンマンをかいたのです。

Read More

 0

手のひらを太陽にという歌

収入が少なくても、自分の好きなものだけかくことにしました。

Read More

 0

「手のひらを太陽に」について

小さな虫も、みんな生命の友だちだとすれば、この地球を汚してはいけません。

Read More

 0

子どもは正直な鏡

人間も動物でも植物でも同じ。本当の優しさとは何か?

Read More

 0

子どもたちが大声で歌える歌を

子どもの歌というのがあまり好きでありませんでした。

Read More

 0

良心的な本

子どもが面白がらなければ絵本じゃない、売れなかったら良心が痛む

Read More

 0

メアリー・シェリーへの慕情

実はお話の根底にはフランケンシュタインを意識しました。

Read More

 0

多くの人を喜ばせたい

ぼくのコンサートは赤ちゃんから幼児、若い人、中年、壮年、おじいさんおばあさんすべてOK!

Read More

 0

ユニークでありたい

ぼくのコンサートは赤ちゃんから幼児、若い人、中年、壮年、おじいさんおばあさんすべてOK!

Read More

 0

四谷三丁目のアンパンマンショップ

来店したお客さんは250人、売り上げ70万円。

Read More

 2

正義の味方は傷つきやすい

正義には一種のかなしみがあって、傷つくこともあるんです。

Read More

 0

ミミズ、オケラ、アメンボの理由

小さな生きものに、自分を重ねあわせたのかもしれません。

Read More

 0

本当のスーパーマンとは?

悲喜交交と言うでしょ。喜哀交交とは言わない。

Read More

 0

ハンサムに生まれついたら

アンパンマン、君はさしてハンサムではないが…

Read More

 0

アンパンマンへの想い

捨身、献身の心なくしては正義は行えません

Read More

 0

冷酷無比の評論家が認めた

絵本評論家が難しい理論を言っても通じません。好きか嫌いか、明確に判定します。

Read More

 0

絵を描いている時はうれしくてね

絵を描いている時はうれしくてね。

Read More

 0

正義とは何か?

好きか、嫌いか、明確に判定する冷酷な批判家である。

Read More

 0

悲喜交交

悲喜交交と言うでしょ。喜哀交交とは言わない。

Read More

 0

詩とメルヘンの創刊

心掛けていたのは、世の中に害毒を流してはいけないということと…

Read More

 0

数字じゃなくスピリット

真似した類似誌が沢山出たが、今残っているのは「詩とメルヘン」一冊

Read More

 1

だれでも詩人になれる本

ぼくは骨身に徹してこのことを知った。これが戦後のぼくの思想の基本になる。

Read More

 0

ジャムおじさんの「わかれのごあいさつ」

ぼくは骨身に徹してこのことを知った。これが戦後のぼくの思想の基本になる。

Read More

 0

逆転しない正義とは

ぼくは骨身に徹してこのことを知った。これが戦後のぼくの思想の基本になる。

Read More

 1

顔をあげる勇気

顔がなくなってしまったアンパンマンは、エネルギーを失って失速する理由とは?

Read More

 1

こんな本はこれ一冊にしてください

『あんぱんまん』は誰にも期待されないで出発した。

Read More

 1

生き方、人生の考えの基本

ぼくの生き方、人生の考え方の基本はすべてこの学校で学んだ。

Read More

 1

ぼくらはヒーロー

どんなにひどくやられても、顔がかわれば元気百倍!

Read More

 0

児童書の仕事をするようになってわかったこと

幼児というのは話のホントの部分がなぜかわかってしまう。

Read More

 0

アンパンマンを書いた動機

正義っていうのは、立場が逆転するんですよ。

Read More

 1

過去のことを、いくら考えてもしょうがない

物事を後ろ向きに、いくら考えてもしょうがない

Read More

 2

アンパンマンの遺書

ぼくが死ねば、アンパンマンがどういう風にしてぼくの中で育っていって世の中へ出ていったのかが解らなくなる。

Read More

 0

老いとはワクワクするもの

年を取ったからこそ、代わりに手に入れるもの

Read More

 0

アンパンマンの賞味期限

アンパンマンは顔がアンパンのスーパーマンで、恐らく世界のスーパーヒーローの中で一番弱い。

Read More

 0

精神的な毒の危険性

物理的な公害よりも精神的な公害のほうが実はもっと危険なのです。

Read More

 1

アンパンマンに思いをこめて…

子どもに受けようとか、子どもに迎合せずに、自分の思いを大人の感覚でそのまま歌詞にしています。

Read More

 0

人間が一番うれしいこと

人間が、一番うれしいことはなんだろう?探し求めた結果、それは…

Read More

 0

子どもの本離れの理由

自分は心がキレイだと思ってません?世の中の80%はそれほどでもない!?

Read More

 0

子どもは本能的に選ぶ

評論家というのは、いろいろ理屈で理論を組みたてる。だけど子どもは何の理屈もないし先入観もない。

Read More

 0

子どもと本

子どもをおきざりにして商業主義に走ってしまった大人たちに責任があります。

Read More

 0

子どもは先生

ボクは子どもを「ちびっこ」 というような言い方で いうのが嫌いです。

Read More

 0

みんなの掲示板

みんなが自由に、自己紹介&情報発信&交換できる場を設けました。
 
//

 
※ご自身のfacebookページに、コメントは反映されません。


Read More

 1

やなせたかし先生とよろこばせごっこする

 
//
こちらからもどうぞ!
 
※ご自身のfacebookページに、コメントは反映されません。


Read More

 6