ぼくの歌には「生きる」という言葉が多くなった。ぼくは決して華やかな流行作詞家ではない。