チャンスは誰にでも 平等

ボクがいま
学生さんに言いたいのは
自分の好きなことが
できる職業を探して
ほしいということです。
 
好きなことなら
労働条件が少し悪くても
つらいことはありません。

 
ボクみたいに絵が好きなら
絵をかくことができる職業
 
音楽が好きで
好きでたまらないなら
音楽家をめざす。
 
スポーツだけは
誰にも負けないなら
プロスポーツとか
アマチュアでも
そのスポーツが
強い企業に入るとか。
とにかく、好きなら
チャレンジしてほしいですね。
 
現在は、いろいろな
コンテストとか、賞とかが
かなりありますから
そういうものに
アタックしていけば
道は必ず開けます。
 
やりたいことができる
職業というのは
なかなか
難しいかもしれません。
 
でも
チャンスは誰にでも
平等にあることは確かです。
 
いい学校や先生も
いまならいっぱいいます。
 
「どうせ、俺なんてダメだ」
という人は
チャンスをつかもうと
していないのではありませんか?

作品について


もうひとつのアンパンマン物語

コメント

この記事へのコメントはありません。