精神的な毒の危険性

どの仕事にも
共通しているのは

自分の仕事の中に
精神的な毒
を入れない
ということです。

ボクはあまり
教訓的なことは
好きではありません。

お話はできるだけ
面白く
的であるほうが
いいと思っています。

しかし
面白さのために
毒はいれません。

なぜなら
精神的栄養になる
子どもの時の
絵本や音楽は
身体を流れる
血液と同じだからです。


ボクが立ち直れたのも
分の血が
失意の時も
紅く
澄んでいたせい
だと思います。

物理的
な公害よりも
精神的

な公害のほうが
実は

もっと危険なのです。

ボクは
一年に約20冊の
絵本をかいています。

九州の小学校で
知恵おくれの
子どものクラスを
担当している先生から
手紙がきました。

「私のクラスに
絶対本を読まない
子どもがいます。
ところが
アンパンマンだけは
喜んで見ます。
そのうちに
びっくりしたことに
字をおぼえて自分で
読めるようになりました。
うれしくて
私は涙がでました。」

この手紙を読んで
ボクも
涙をこぼしました。

そして
自分の手もとにある
絵本を
全部ひとまとめにして
先生に贈りました。

子どものための歌も
約20年間
1ヶ月に1曲ずつ
つくりつづけました。

ボクも
作曲のいずみたくも
全くの無料で
せっせとつくりました。

どこから頼まれた
わけでもありませんが、
貯金をするつもりで
つくりつづけたので
誰も認める
ひとはいませんが

いつのまにか
利子がつきます。

ボクは
才能がうすいから
さしたる
ことはできません。
 
賞にも
あまり縁がありません。

でも
全力をつくして
ひとを喜ばせる
仕事をしたい
と思っています。

作品について


もうひとつのアンパンマン物語

コメント

この記事へのコメントはありません。