自分の好きなこと仕事にする

子ども時代は
絵や本が好きな
おとなしい少年でした。
 
勉強をしないで
よく本を読んでいました。
 
小学校の成績は
良いほうだったのですが
中学校に入って
英語や数学など
勉強をしなくては
できない科目と出会い
勉強はあまり得意では
ありませんでしたから
当然成績もよくない。
 
大学に入ろうと思えば
入れないことも
なかったのですが
やっぱり何かが
ちがう感じがして
自然に目標を
 
「自分の好きなこと
 =絵をかくこと」
 と定め、
デザイン学校へ進みました。
 
ボクのイラストは
決して上手ではありません。
 
絵の上手な人は
たくさんいますが
だからといって
いいイラストが
かけるかといえば
そうではないのです。
 
あるところまでは
努力でいけますが
オリジナリティが
必要な世界です。
 
感性のアンテナがあって、
神様のしずくを受け
自分がかいているのではなく
かかせてもらっているような
ところがあります。

 
この神様からのしずくが
なかったら
芸術という分野は
難しいのです。
 
努力だけでは
無理なところがあります。
 
皆さんも自分の
好きなところを
見つけてください。
 
見つからない人は
探し出すことです。

 
好きなものであれば
コツコツ努力する事も
決してつらくありません。
 
楽しみながらいつのまにか
何かをつかむことができます。
 
とかなんとかいっても
絶えず探し

求めていなければ
つかむことができません。

 
チャンスにも
めぐりあえません。
 
だからボクらは
失敗を恐れず絶えず
挑戦をくりかえして
 
やっ
つかむのです。

作品について


もうひとつのアンパンマン物語

コメント

この記事へのコメントはありません。