運をつかむためには

なにか一つ武器を
持たなくちゃいけない
と思います。
それも自分の
好きなことで。

マンガ家を見ても
水島新司は野球が好きです。
本人はあまり野球上手
ではないけれど、
野球マンガの名作
「あぶさん」が生まれた
 
朝から晩までマンガ
ばっかり読んでいると、
ろくな人間にはならないです。
いいマンガ家にもなれません。
マンガばっかりじゃなくて、
何かの付加価値が
なくちゃいけない。
 
一番良いのは学校の勉強を
一生懸命して、
学校の成績が良いのがいい。
そしてさらにマンガ家に
なるのがいいです。
なぜ学校の成績が
良い方がいいかというと、
学校の勉強は
結構基礎的なことを
教えるように
なっているんです。
だからそれを
やればいいんだけど、
人間は全部はできないんだよね。
だから好きなものを選ぶんです

 
スポーツでもなんでもいい。
それを選んで、
それをやっていく。
それが自分の武器になります。
 
とにかく何かを
やりたいと思ったら、
他の教養もつけないとダメ。
ひとつだと
そこから出られません。
 
虚仮の一念もいるけれど、
続けて行くためには
他のものが必要です。
マンガ家になりたいと思ったら、
純粋美術の方も
よく見なくちゃならない
という具合です。
努力は確かに辛いところも
あるけれど
辛いというのは
意外と面白いところもある。
結局は本人が好きだったら
それに耐えていかれます。
もちろん、その途中は
生やさしくはありません。
 
趣味でやるならいいけれど、
プロになるなら
人の何倍かやらなくちゃいけない。
一つは運
一つは才能
一つは努力。

だから一つの運に恵まれないと
やっぱりダメなんです。
運をつかむためには
本人の努力してなくちゃいけない
ということです。

作品について


わたしが正義を語るなら

コメント

この記事へのコメントはありません。