書籍/BOOK

いねむりおじさんとボクくん いのちのもりで

作・絵
やなせたかし
出版社
ダイヤモンド社

内容

まんがかのいねむりおじさんが、もりへえをかきにいくので、ボクくんもついていきました。
アンパンマンの作者・やなせたかしが贈る幻の“いねむりおじさんシリーズ”最新書き下ろし。親子の心をつなぐ絆シリーズ第4弾。

あとがき

わたしたちは いのちの ほしである ちきゅうで ひとつの いのちとして うまれました
いのちは おたがいに たすけあって いきています。
きも くさも はなも みんな いきている いのち のともだちです。
このおはなしのなかに でてくる ケロさんは おじいさんですが どうも おたまじゃくしみたいですね。
かえるになりそこねて おたまじゃくしのまま としを とって
「いのちのもり」の(ようせい)になったのです。
じつは ぼくも どうも おとなに なりきれなくて としとっても こころのなかは こどものときと ほとんど おなじです。
いねむりおじさんとにています。
やなせたかし

本について

内容
詳細
単行本
35ページ
出版社
ダイヤモンド社
言語
日本語
ISBN-10
4478009228
ISBN-13
978-4478009222
発売日
2009/7/10
梱包サイズ
17.2 x 16.8 x 1 cm