映像/MOVIE

それいけ!アンパンマン 人魚姫のなみだ

原作
やなせたかし
脚本
金春智子

あらすじ

2000年7月29日に公開された映画。アンパンマンの映画12作目。
この映画は、うずまき城に住む人魚のサニー姫が、みんなと遊びたくてアンパンマンワールドにやってくるお話です
。うずまき城は、ぐるぐる水車をぐるぐる棒で回して、いつも海をきれいにしてくれています。

陸の世界に憧れているサニー姫は、ゴロンゴラの呪いがかかった紅色ヒトデの髪飾りで人間になれることを聞き、こっそり髪飾りを持ち出します。荒れた海を泳いで、なんとか陸に到着したサニー姫は髪飾りをつけ、人間になることができました。
倒れていたサニー姫はしょくぱんまんに助けられ、パン工場にやってきました。サニー姫にとって、木々の緑や洗濯物の匂い、学校の友達、そして優しいしょくぱんまん・・・陸での生活すべてが新鮮です。
しかし海魔女のおばばと海の主ヌラがやってきて、急いで海へ帰るように言われます。1日だけ待って、と頼むサニー姫。おばばたちは先に海へと帰りました。ばいきんまんはこっそり、おばばの後をつけていき、海底の亀裂を掘ってゴロンゴラの眠りを覚ましてしまいます。ゴロンゴラにおそわれたうずまき城は大変なことに!さらにばいきんまんはぐるぐる棒を逆に回して、海を汚し始めました。

アンパンマンたちは海の様子がおかしいことを聞き、すぐに向かいます。海底は荒れ果て、ぐるぐる棒は粉々に砕かれ、みんなはゴロンゴラの光線によってヒトデの姿に変えられてしまいました。ゴロンゴラを倒すためには、ゴロンゴラの口の中に紅色ヒトデの髪飾りを放り込むしかありません。サニー姫は髪飾りを外して人魚に戻り、ゴロンゴラに立ち向かいます。襲いかかるゴロンゴラから救おうとしたしょくぱんまんと共に、サニー姫はゴロンゴラに飲み込まれてしまいました。アンパンマンは二人を助けようと、アンパンチ!します。すると、ゴロンゴラは粉々に砕け、光の粒になります。光の粒はみんなの姿を元に戻し、うずまき城もぐるぐる棒もすべて元通りになりました。
夕日の中を帰るアンパンマンたち。サニー姫としょくぱんまんの歌が海に響き渡っています。二人の目には涙がキラリと光りました。
(アンパンマン公式サイトより)

 

スタッフ

役割
名前
原作者
やなせたかし(フレーベル館刊)
脚本
金春智子
監督
永丘昭典
音楽
いずみたく、近藤浩章
主題歌
アンパンマンのマーチ
ドリーミング
テーマ曲
『夕日にむかって』
制作
アンパンマン製作委員会

声の出演

役割
名前
アンパンマン
戸田恵子
ばいきんまん
中尾隆聖
ジャムおじさん
藤岡弘
バタコさん
佐久間レイ
チーズ
山寺宏一
ドキンちゃん
鶴ひろみ
ホラーマン
肝付兼太
しょくぱんまん
島本須美
カレーパンマン
柳沢三千代
メロンパンナ
かないみか
クリームパンダ
長沢美樹
サニー姫
南果歩

DVDについて

項目
内容
形式
色, ドルビー, ワイドスクリーン
リージョンコード
リージョン2
画面サイズ
1.78:1
ディスク枚数
1
販売元
バップ
発売日
2003/07/24
時間
55分
ASIN
B00009SF78
JAN
4988021114820