映像/MOVIE

それいけ!アンパンマン 夢猫の国のニャニイ

原作
やなせたかし
脚本
金春智子

あらすじ

2004年7月17日に公開された映画。アンパンマンの映画16作目。
この映画は、夢猫の国からやってきたニャニィちゃんとメロンパンナちゃんが大活躍するお話です。

“ドリーム彗星”がアンパンマンワールドに近づいている夜、みんなは不思議できれいな国の夢を見ました。その夢の中でメロンパンナは星の模様のたまごを助けます。朝、メロンパンナが起きるとそのたまごがベッドの中にあってビックリ!そしてそのたまごの中からかわいい子猫が出てきました。メロンパンナはその子猫をニャニイと名づけて、お世話をすることにしたのです。
みんなが次に見た夢の中の国は、荒れて寂しくなっていました。そしてその不思議な国はニャニイを探しているのです。ジャムおじさんが調べると、ニャニイは“夢猫の国”で
100年に1度生まれる夢猫で、夢猫の国にある“ネムネムの実”を食べないと消えてしまうことがわかりました。アンパンマンたちはいそいで夢猫の国へ向かいます。
荒れ果てた夢猫の国で、“ネムネムの実”を食べると夢がかなうと勘違いしたばいきんまんがネムネムの木をめちゃめちゃにしていきます。するとムーマという大きな猫の怪物が目覚め、ムーマの光線でアンパンマンたちは猫の姿に変えられてしまいました。ニャニイを抱いて“ネムネムの実”を探すメロンパンナを、ムーマが追いかけます。
おびえるニャニイにメロンパンナは子守唄を歌ってあげました。するとニャニイはメロンパンナと過ごした楽しくて優しい時を思い出し・・・「ニャニイがママを守る!!」ニャニイは剣士に変身し、アンパンマンと共にムーマを倒します。
みんなの姿も夢猫の国もすべて元通りになりました。ニャニイは夢猫の国を守るお姫様だったのです。メロンパンナとニャニイはお別れしなくてはなりません。「ニャニイはママに会えて良かったよ!」「あたしも本当に良かった、ニャニイに会えて。」二人は涙が止まりませんでした。
「さよならニャニイ、元気でね!」アンパンマンたちは夢猫の国をとびたちました。
(アンパンマン公式サイトより)

スタッフ

役割
名前
原作者
やなせたかし(フレーベル館刊)
脚本
金春智子
監督
矢野博之
音楽
いずみたく、近藤浩章
主題歌
アンパンマンのマーチ
ドリーミング
テーマ曲
『夢猫の子守唄』
制作
アンパンマン製作委員会

声の出演

役割
名前
アンパンマン
戸田恵子
ばいきんまん
中尾隆聖
ジャムおじさん
藤岡弘
バタコさん
佐久間レイ
チーズ
山寺宏一
ドキンちゃん
鶴ひろみ
ホラーマン
肝付兼太
しょくぱんまん
島本須美
カレーパンマン
柳沢三千代
メロンパンナ
かないみか
クリームパンダ
長沢美樹
ロールパンダ
冨永みーな
ニャニイ
西村知美

DVDについて

項目
内容
形式
色, ドルビー, ワイドスクリーン
リージョンコード
リージョン2
画面サイズ
1.78:1
ディスク枚数
1
販売元
バップ
発売日
2004/12/08
時間
50分
ASIN
B000657MP0
JAN
4988021121859