書籍/BOOK

生きているってふしぎだな

著者
やなせたかし
出版社
銀の鈴社

内容

生きているってふしぎだな キリンもカバもライオンも ミミズもカニもミツバチも みんなみんな生きている
丸い地球に間借りして ぐるぐるまわって生きている-ひとつの詩にひとつの絵をつけた、著者はじめての童謡詩集。

もくじ

1

第一章 ちいさな紳士
ちいさな紳士

2

ふたつのことば

3

ちいさな雲

4

虹の足

5

すずめの涙

6

えくぼの涙

7

愛するネッシー

8

すみれの手紙

9

オラウウータン

10

第二章
生きているってふしぎだな

11

ちいさなてのひらでも

12

生きているってふしぎだな

13

えらくなっちゃいけない

14

また夜がきて

15

今日いちにち

16

ヤッキー君とモッキー君

17

紅い街

18

ありふれた町

19

秋ちゃんと秋

20

人間たべずには 生きられない

21

ひかげの花

22

ガンバリルおじさん

23

すてきなおじいさん

24

さんぱつの歌

25

第三章 ポツン
ポツン

26

さよならけしごむ

27

さすらいのブラックキャット

28

茶色のチャウチャウ

29

ひざっこぞうのうた

30

ありがとう野菜

31

サビ太郎子守唄

32

かみなりドラマー

33

第四章 いずみ
いずみ

34

ゆうやけ

35

つき

36

ひとり

37

さびしいひとが

38

石と石

39

小鳥

40

ふるさと

41

大きな木

42

木も草も

43

おみやげ

44

あとがき

あとがき

ぼくは子どもの歌とか大人の歌とかあまり考えたことはありません。
アニメソングも現代の童謡だと思ってつくり続けてきたのです。
もともと漫画家なので詩をつくるのは楽しみで遊びながら気楽にやってきました。
それでもいつのまにか数が多くなり、子ども向けの作品だけ集めてみても5冊ぶんぐらいあるので自分でもびっくりしました。
曲がついているのもあり、ついていないものもあります。
今まで何冊かの詩集をつくってきましたが、子どものための詩集は曲集とアニメソングを除外するとこれがはじめてなのです。
日本童謡協会の会員なのに一冊の童謡詩集も出版していないのは面目ないので、おくればせながら初心のはにかみがあります。
ところが幸か不幸かぼくは入院してしまったんですね。どうもオーバーワークがこたえたらしくて、五ヶ月ばかりベッドの上で暮らすことになりました。お恥ずかしいことです。
精密検査を各種してもらったのですが、別に異常はなくてほっとしました。疲れがたまってしまったという結論でした。
病院にいると時間だけはたっぷりあるのでこの詩集はベッドの中でまとめました。
ひとつの詩にひとつの絵をつけていったのですが、めまぐるしい自分の仕事場では出来なかったと思います。
病気になってよかったということかもしれません。
とにかくはじめての童謡詩集なので内容は面白いかどうか本人にはわかりません。
ぼくのわがままな願いを聞いてくださった銀の鈴社には心から厚くお礼を申し上げます。
二〇〇〇年六月吉日
やなせたかし

本について

内容
詳細
単行本
111ページ
出版社
銀の鈴社
言語
日本語
ISBN-10
4877861424
ISBN-13
978-4877861421
発売日
2000/8/10
梱包サイズ
21.2 x 15 x 1.2 cm